読まれるブログを楽しく作る

下手の横好きブロガー&Webライターの【ブログ雑記帳】

はてなPro解約にあたり、やったこと4つ

こんにちは!ユカリッカです。
ご無沙汰しています。
約1年ぶりです。

はてなでは3つのブログを書いていましたが、どれも休止状態になっているので、はてなProを解約することにしました。

解約にともない、わたしがやったことのまとめです。

はてなPro解約手続き

f:id:yukaricca:20191112120322j:plain

なにはともあれ、これです。
年払いにしていると途中解約でも返金はされませんので、ギリギリに解約しよ〜と思っていると、自動更新されてしまいます。笑

いつ解約手続きをしようと期間満了まではProを使えますので、思いたったらスグ手続きをしておくのがオススメです。

ちなみにわたしが手続きを行ったのは、半年以上前です。

独自ドメインは未使用

わたしは独自ドメインは使用していませんでした。
そのため、解約がカンタンなんでしょうね。

独自ドメインを使用していた人はドメインを戻したり(期限が切れると勝手に戻るようですが)、ドメイン自体を解約する必要があります。

考えただけでも面倒くさいですね。

アドセンスコード&サイト登録削除

アドセンスの広告を載せていたので、コードを削除しました。

ついでに、アドセンス側でもサイト削除を行いました。

Proを解約してもアドセンスは掲載できるようですが、はてな側の広告も入るし、もうほとんど読まれていないし、アドセンスはない方がいいかなと。

固定ページとリンク削除

アドセンス用に掲載していたプライバシーポリシーとお問合せフォーム。
アドセンス削除にともない不要になったため、リンクと固定ページを削除しました。

使用していたグーグルフォームも、合わせて削除です。

Proが終了すると固定ページが使えなくなるため、引き続きアドセンスを掲載する場合は、通常ページに設置する必要がありそうですね。

ブログランキングの登録削除

ブログ村と人気ブログランキングに登録をしていたので、これらの登録を削除。

ブログ村はサイト削除のみですが、人気ブログランキングは1サイト1アカウントのため退会が必要です。

アカウントごとのログインパスワードも、パソコンの登録から削除しました(結構マメでしょ)。

そして、サイドバーや記事下からバナーも削除。

ーーー

やったことは以上です。
何か忘れているような気がしますが・・・契約が切れたら分かるでしょう。
アドセンス関係のミスは致命的なので避けたいですね。

はてなPro解約まであと1か月。

解約後どのような変化があるか、またご報告したいと思います。

【お役立ち記事】読むのも書くのも疲れてきました

こんにちは!ユカリッカです。

ブログには、読者の役に立つ「お役立ち記事」を書きましょう!
そう言われ続けていますが、最近なんだか疲れてきました。

読むのも、書くのも。

そろそろ「一般」から「個」の時代なのではないでしょうか。
ま、例によってテキトーに言ってますがね。

検索内容は「事務的」と「雑誌的」

f:id:yukaricca:20181116131451j:plain

何かに困ったときは、必ずネットで検索します。
最近では大容量データの受け渡し方法、盛り塩の作り方←なんて調べました。
このような言わば「事務的」な検索は、辞書を引くような感覚です。

対して「アパート 片づけ 方法」「一重まぶた メイク」などを検索すると、それぞれの切り口で様々な記事がヒットします。ブログで目指すところの「お役立ち記事」ですね。

以前はしょっちゅう、そういう検索をしていました。
しかしある程度調べ尽くし、知り尽くして、飽きてきました。

これからも「肋骨の痛み 原因」などは、生きている限り検索し続けると思います。
しかし興味のある事柄に対しての、漠然とした検索(雑誌をパラパラ読むような感覚の、楽しみとしての検索)は、もういいかなという気持ちです。

「流行」より「個の選択」が気になる

以前は「今これが流行っているから、わたしも買ってみよう」でした。
現在は「この人はこういう個性だから、こういうモノを選ぶのか(なるほど)」にシフトしてきました。

それはその人の個性であって、自分には合わない。
それでもその選択そのものを見て楽しむ。
そして自分は自分で選んで決める。

お役立ち記事より、個性ある人のエッセイを読みたい気分です。

わたし自身も、誰もマネできない&マネしたいとも思われない、偏屈おばさんになりたいです。でもそれって意外と難しい。

知らない誰かの役に立つより、自分を掘り下げるためにブログを書くのもありなんじゃないかなと思う、今日この頃です。

AmebaOwndでホームページを作ってみた

こんにちは!ユカリッカです。

来月末に、お友達2人と資格を活かしたセミナーを主催することになりました。
そのためのホームページ(HP)を、AmebaOwndで作成しています。

主催者のひとりがわたしよりずっとサイト作成が得意で、知識・技術・センス全てが上なのですが、HPを作ってみたかったので勝手にやらせてもらっています。笑

AmebaOwndなら全くの素人でも、2時間もあればカンタンに作れちゃいます。

Owndはビジュアル直感型

f:id:yukaricca:20181022133335j:plain

Owndは、なんとなく「こうすればいいのかな?」の積み重ねでHPが完成します。
各項目は「ブロック」を追加して並べる方法で作っていきます。
ブロック内はHTMLも使えますが、「写真」+「テキスト」のように組み合わせて、それっぽくすることも可能。

素人が作るとかなりアッサリした出来になりますが、それも余白の美といいますか、オシャレな雰囲気にはなります。

とりあえず枠組みを作ってオープンし、その後じっくり手を加えていく感じにしようと思います。

Owndはブログもできる

Amebaといえばアメブロですが、Owndでもブログが作れます。
やたらオシャレでイマドキな仕上がりです。

無料版の広告も、記事下にOwnd自体の広告が入るのみで気になりません。
アカウントを持っていれば、アドセンスも設置可能です。

試しにブログもひとつ作ってみました。
見た目が可愛くてカンタンなので、更新するのが楽しいです。
はてなブログほど、痒いところに手は届きませんが。

短文記事はPVが上がる

新しいOwndブログは、写真+200文字程度の短文記事にしています。
短文って意外と難しいですね。

まだ10記事ちょっとですが、短文でスグ読めるおかげか、訪問者数の5倍以上のPV数があります。

だから何ョ、ですが、そういう見せ方もありなのかなぁと思った次第です。

読者には「この上なく親切」な記事を書こう

こんにちは!ユカリッカです。

ご無沙汰しております。
久しぶりすぎて、記事を書くのが怖くなっています。。。

まぁ突然本題に入るわけですが。

読者の「不便」をつぶす

f:id:yukaricca:20181015135249j:plain

わたしのワードプレスのブログには、ブログ内の文字がコピーされたらメールがくるプラグインを入れています。

たまに文章全てを3回に分けてコピーしていく、熱心な読者さん()もいらっしゃいます。しかしコピーの大半は「単語ひとつ」です。

その単語とは、商品名や、人によっては普段あまり使わない用語です。
例えば「掃き出し窓」や「(香水の)トップノート」など。

あまり細かく説明を入れると「クドいブログ」になるので注意が必要ですが「これって何だったっけ?」と読者さんに思われてしまうと、そこで離脱の可能性が出てしまいます。

せめて「ベランダなどの掃き出し窓」や「(香水を)付けた瞬間のトップノート」など、その単語を捕捉してあげると、親切かなと思います。

楽天やamazonのリンク・バナーを貼る

新しく買ったモノや愛用品などの記事に、楽天やamazonのリンクやバナーを貼るのも「親切」につながります。

その記事に興味を持った読者さんが、大きさ・値段・その他スペックを知りたいと思うのは自然な流れです。そんなとき、いちいち商品名をコピーして調べる手間を省いてあげるわけです。
もちろん興味ない人は、スルーしてもらってOK。

やりすぎると「そんなに売りたいんかいっ!」と思われてしまいますが、わたし自身はリンク貼って欲しい派です。

金儲け主義と思われるからリンク貼らないという人も多いでしょうけど、貼ることが親切につながることもあるのです。

わたしのブログが続く理由「意志の弱さ」

こんにちは!ユカリッカです。

わたしはとにかく意志が弱くて、楽しい方へ…楽な方へ…と流されていくタイプです。
しかしその「意志の弱さ」ゆえに、ブログが続いているのです。

このブログは途切れがちですが、メインブログの方のお話です。

意志の強さで続けるブログの限界

f:id:yukaricca:20180708185703j:plain

「ブログの継続に必要なのは、意志の弱さじゃなくて、強さじゃないの?」
そう思われるかもしれません。

しかし意志の強さがないと続かないブログって、どんだけ(書いてて)つまらないブログなのかと。

書きたくないのに、意志の力でブログを続けるのは、いつか限界がきてしまいそうですね。

楽しいから、つい書いてしまう

わたしはブログを書くのが楽しいので、つい他の「やるべきこと」を後回しにして書いてしまいます。

やりたいことばかり優先してしまう意志の弱さが、わたしにとってはブログ継続のコツです。

逆にもっとマジメに、家のコトややるべきコトをやったほうが、人生を豊かにするだろうと思います。

「ブログを継続する」ことには勝者でも、それ以外では敗者なのです。

バランスを取るか・突出させるか

そこそこにブログを書きつつ、やるべきこともやる。
充実した生活が送れるでしょうけど、全てが「そこそこ」です。

全てをかなぐり捨てて、ひとつのコトに打ち込めれば、バランスは悪くともひとつの「得意」に特化できます。

ある一面(ここで言うと「ブログが継続しているかどうか」)だけ見ると「スゴイなぁ」となるかもしれませんが、それはあくまで一面。
その人がスゴイわけではないのです。

ブログを継続させる意味

「ブログを継続させる」ことが、自分にとってどれくらい意味があることか。
趣味なのか・仕事なのか
暇つぶしなのか・生きがいなのか

それによって違ってくると思います。

「ブログを続けなければいけない」とプレッシャーに思ったり、義務に思うのであれば、一度ガッツリ休んでリフレッシュするのがオススメです。

あと一歩踏みこんで【ブログ】を書こう

こんにちは!ユカリッカです。

ときどき「物足りないな」と思う記事があります。
内容に興味を引かれて読み始めるのですが、物足りないのです。
痒いところに手が届かないというか、スッキリ解決せずに終わってしまうというか。

ああこれが「読者のためになる記事を書こう」ということなんだろうなと感じます。

物足りない記事例

f:id:yukaricca:20180701112324j:plain

大切に育てているハーブにアブラムシがつきました。
口にするものなので、殺虫剤は使いたくありません。

調べてみると牛乳スプレーがよいということ。
さっそく作ってスプレーしてみました。

確かにアブラムシが動かなくなりました!
いい感じです。

この記事を読んで、牛乳スプレーを試すことはできません。
結局別なサイトを読みにいくでしょう。

足りない情報

作者は自分が育てているハーブを当然知っていますし、過去に記事に書いたかもしれません。

しかしこの記事のみを読んだ読者には、なんのハーブを育てているか分からないのです。

上の記事例の足りない情報は他にもたくさんあります。

  • ハーブの種類
  • なぜ牛乳スプレーでアブラムシが駆除できるのか
  • 牛乳スプレーの作り方
  • 牛乳スプレーの使い方
  • 使ったあと、どうなったか
  • メリット・デメリット

できれば記事を読んだだけで、同じことが実行できるレベルであって欲しいです。

商品紹介は読者のためでもある

牛乳スプレーのデメリット

  • 牛乳くさくなる
  • 牛乳を洗い流すのが大変
  • カビの原因になることも

これらも同時に書かれていると、面倒だからやめようという思う人も多いでしょう。
そういう人のために、野菜にも使える農薬の広告(amazonとか楽天とか)を貼っておいてくれると助かります。

できればなぜその農薬がオススメなのかの理由とともに。

広告を貼るとガメツイと思われるとか、読者に嫌われそうなどと思って避ける人もいると思います。
しかし読者はそこまで一介のブログを気にしてはいません。

広告をクリックするかどうかは、その読者が決めること。
その記事に必要な情報の一部であれば、どんどん貼って欲しいです。

一読者からのお願いでした。

【ブログの文字】大きさは変えない方がいい

こんにちは!ユカリッカです。

ブログを書くとき、文字色や文字の大きさはどうしていますか。
わたしは文字色は基本「黒」、プラス強調したい部分には、太字・赤文字・黄色マーカー。

もっとも、面倒なのであまり使いませんが。

文字の大きさは変えません。
変えないほうがいいと思います。

なんか、安っぽくない?

f:id:yukaricca:20180628133906j:plain

強調したい文字や文章を大きくしている方、スイマセン。
なんだか安っぽく、昔っぽく見えてしまいます。

ひと昔前のブログでは、みんな文字色がカラフルで絵文字が動いて、大きさも混在していましたよね。

はてなブログではあまり見かけませんが、アメブロあたりでは今でもそういう傾向があるでしょうか。

ブログのジャンルによっても、文字装飾の傾向は違ってくるかもしれません。

文字を大きくするメリット・デメリット

強調したい文字を大きくするメリットは「ここが重要ですよ」とビジュアルで分かってもらえることです。

デメリットは、逆に文字が大きくない部分を、飛ばされてしまいがちなこと。

これは大きさを変えず文字色を変えた場合も当てはまりますが、大きさを変えたほうがより当てはまる気がします。

特に記事中の重要な「文章」を何箇所も大きくすると、そこしか読まれない傾向が強いです。

ネットの文章は飛ばし読みされること前提で書けなんていわれますが、それでも文字の大きさを変えると、上滑りをしてとても読みにくいです。

文章力がつかない

文字を大きくすると「この文は重要ですよ」と強制的に読者に伝えることができます。
故に「この文は重要である」ということを文章のみで表現する力がつきません。

文字を大きくしなくても、文章力さえあれば重要な部分を強調することができるのです。

改行や句読点を効果的に使う手もありますね。

例えば実力のあるライターや評論家のブログに、大きな文字や赤文字・黄色マーカーは使われているでしょうか。

身近なところで、イケハヤさんやちきりんさんにしてもそうです。

文章力がつけばつくほど、文字そのものを強調しなくても書けるようになるのではないでしょうか。