読まれるブログを楽しく作る

下手の横好きブロガー&Webライターの【ブログ雑記帳】

「ブログのヒント」に貪欲になる

こんにちは!ユカリッカです。

ブログの教科書は、SEOやライティング・アフィリエイト本だけではありません。
直接・間接さまざまな、ブログのためにプラスになる情報は溢れています。
ただ気づかないでスルーしているだけです。

図書館に行くとたくさんのヒントが落ちているので、拾い集めています。

深める&広げる

自分の能力は2方向に伸ばしていくのがオススメ。

まずは得意分野を深める。
本当に好きで得意なことを更に勉強したり、新たに資格をとったり。

そしてわずかでも関連することがあれば、その周囲にも関心を広げて知識を増やしていく。

例えば花の絵を描くのであれば、画材を知りテクニックを磨きつつ、植物学をちょっとでもかじれば、描く絵に説得力が増すでしょう。

エラソーに言うほど、自分はやってませんがね。

「販売員の教科書」を読んで

f:id:yukaricca:20180619115619j:plain

わたしはアフィリエイターではありませんが、ブログで多少はモノを売っているので借りてみました。

店頭に立ちたくなりますね!
こんなに上手く接客できたら、仕事楽しいでしょう。

この本の中で一番感銘を受けたのは、こちらのコトバ。

お客様が欲しいのは

「私に合ったいい商品」

「いい商品」の中でも、自分に合っているものが欲しい

「販売員の教科書」鈴木比砂江

ブログもそうですよね。

いいブログは世の中にたくさんあります。
でも読みたいのは「自分がいいと思える、自分に合ったブログ」。

そうするとブログも「誰に向けて発信しているのか」を明確にする必要があります。
自分の書きたいことをテキトーに書いて更新するだけではダメということです。

アフィリエイターにオススメ

「売る」教科書ですから当たり前ですが、この本はアフィリエイターにオススメ。

お客様の心を開くキーワードがたくさん載っているので、対面ではない販売にも使えそうです。

またお客様を引き込むという点で、ブログの序文にも使えそう。

  • 一文を短く
  • まずは結論
  • 小学生にでも伝わる説明

これらはそのまんまブログの手法ですね。

2度3度と読んで、手元に置きたいと思える本です。